大人の男として余裕と安心感を持つための6つの基本事項

あなた自身をよく見てください。
・背筋は伸びているか?
・落ち着きがあるか?
・清潔感はあるか?
・髪型、ファッションが古臭くないか?
・はっきり、ゆっくり話せているか?
・しっかりと相手の目を見て話しているか?
どうでしょうか?

これらは「余裕」と「安心感」を持つための 6 つの基本です。いや、むしろモテるための基本といってもいいかもしれません。簡単なようですが、これらが出来ていない男性がホントに多いのです。

年上の男性というのは女性にとって有利な部分も多いのですが、基本的なことが出来ていないと他の若い男性よりも欠点が大きく見られてしまいがちです。
髪型の分け目が・・・
加齢臭が・・・
ファッションが・・・
なんてことで悪く見られてしまうことさえあります。それが「キモイ」という言葉になって表れやすいのです。

たかがそれぐらいのことで可能性が悪くなるのはちょっと勿体なさすぎますよね。

逆に言えばこの 6 つの基本を押さえるだけで、女性の見る目は明らかに変わることが実感できると思います。ですので、この 6 つの基本は絶対に覚えておいてください。

そして大事なことをもう 1 つ。それはあなた自身が「若い」と思うことです。ここは大事なところなのでよく聞いてください。見た目の若さも無いに越したことはないですが、何よりも精神的若さというのは重要です。

ここで勘違いして欲しくないのですが、「若い」=「幼い」と言うことではありません。女の子が「安心感」と「包容力」を求めるのに対して、あなた自身が幼ければ全く意味がありません。
ここで言う「若さ」というのは、女の子と同じ目線でいれる「若さ」ということです。最近では「ちょい悪オヤジ」なんて言葉が流行りましたよね。あの「ちょい悪オヤジ」なんかは「精神的な若さ」を持っている人種です。

あの人たちは自分が年寄りだとはこれっぽっちも思ってません。むしろ若いやつより若いと思っています。そのくせ、「安心感」と「包容力」という強力な武器を持っているからモテるんです。

「安心感」と「包容力」を持っていると、女性は本能で「この人に抱かれてみたい」と思うのです。これは、女性自身ですら気付いていない事なのですが、女性が男性を選ぶときというのは、「本能」に大きく左右されます。

女性は無意識で「この男の子供が産めるかどうか」を判断しています。その重要なキーワードが「安心感」と「包容力」なのです。さらに、それにプラスして「精神的若さ」を持っている。

何度も言いますが、ここで言う精神的若さとは幼さではありません。年下の女性と同じ目線になれるということです。(簡単に言えば話の分かってくれる年上男ということです) ですので、あなた自身が「若い」と思うことは非常に重要です。

ただ単に「若いと思え」と言っても簡単ではありませんので、 「若い自分」になるために、まずは外見からでも「若づくり」をしてみてください。

それだけでも気分はかなり変わります。ま、思い込みも重要って事です(笑)


このページの先頭へ