女の子を誘うときに成功率が50%アップする誘い方

しばらく心理学を利用した女の子と仲良く慣れるトーク術を使い、イエスの答えを出させた後、自分の要求を求めると成功率がかなり上がります。そこで、要求を求める時に一つコツがあります。

こういった場合の要求って大抵が「次のデートの誘い」とか「電話番号を聞く」こととなると思いますが、そのときにアナタはどうやって要求を伝えてますか?

よく聞くのが「今度二人で○○にいかない?」って話しますよね?これって、実は良くありません。

なぜかというと、「今度二人で○○に行かない?」の言葉の中に、断るときに言葉が入っているからです。「行かない?」という言葉ですね。この要求の仕方だと、そのままの会話の流れで「行かない」という断りの言葉を誘う事になってしまいます。

なので、こういった要求を伝える時は「今度二人で○○に行こうよ」という風に言葉を変えましょう。こうすることによって断りの言葉を消す事ができます。すると、断わり辛くなるので OK の返事がもらいやすくなるのです。

これも、結構使えますよ。イエスの答えを会話の中で答え続けさせて、頭の中にイエスの答えを植えつけます。その後に、断りの言葉をなくした要求の仕方をすれば自分の要求に対する答えも自然と「イエス」になってくるでしょう。

頭のなかに「NO」をなくす事が、要求を受け入れやすくするコツなんです!

自分は合コンやそのほかのシチュエーションでもこのテクを使って、オイシイ思いをしてきました。「今日はお持ち帰りしたいな~」なんて思った時には、アプローチしてきた女性に先ほどのテクを使ってトークを進め、最後に笑顔で「○○行こう♪」なんて言ってます(まあその場の状況で言葉は変わってきますが)。

そうするとほとんど OK ですね。電話番号を聞くときもこんな感じにしてますね。これらは今すぐできることですので、やってみてください。




このページの先頭へ