季節別の具体的なファッションを解説

季節感をしっかりと持つことがセンスアップに繋がるのです。日本はありがたいことに、はっきりとした四季があります。その季節ごとにアイテムを区分けし、色を使い、服を合わせることが他の男と差をつける要因になります。

大抵の男はこの季節感を大切にしません。春なのにウールのニットを着ていたり、冬なのにシャツとカットソーだけで街をあるいたり・・・。 悪い例はいくらでもありますね・・・。

オシャレに気を使う人はこの、季節感をとにかくしっかり持ってます。春には昼間暖かくても、夕方から肌寒くなることがあるので、出かける時にはジャケットを持って出かけたり、冬の少し暖かい時でも必ずコートを羽織る、などなど。

しかし、いままでそんなこと考えない人にとっては、どこでどう区分けしていいのかがわからないんですね。なので、ここで説明しますね。まずは月ごとに季節を分けましょう。
春 3・4・5
夏 6・7・8・9
秋 9・10・11
冬 12・1・2・3

ここで、一つおかしなことがありますね。みつかりますか?そうです。9月と3月が季節かぶっちゃってます。

ちょうどこの月は中途半端な時期になります。9月はまだ暑いけど、秋の始めです。3月はまだ寒いけど春の始まりです。ようするに、季節を春夏(温かい季節)と秋冬(寒い季節)にわけたときの、変わり目なのですね。

この中途半端な時期は、とにかく日ごとの気温に注意してください。 たとえば3月なら、ちょっと春っぽい陽気の日は春らしい服を選び、まだ冬のように寒い日の場合は冬服を着るといったように、日ごとに使い分けてください。

基本的に、季節感を大切にするというのは、この気温ごとに着る服を適切に選ぶことになるのですが、中途半端な 3・9 月は特に気をつけて、二つの季節のアイテムを使い分けましょう。 それと、季節ごとに合う素材などがあります。

ウールなら冬、麻なら夏、などといった素材です。それってやっぱりどの月で区分けしたらいいのかわからないと思うので、これも区分けしました。季節を代表するアイテム、代表する素材を記しておいたので参考にしてください。

春 3・4・5月
基本的に綿素材全般。薄手のナイロンなんかもアリ。ダウンや中綿のナイロンブルゾンとかはナシです。 ウールのニットはもう着ないでください。それと、まだ半袖は早いですが、異様に暑いときは着ても良いです。しかし、必ず長袖の羽織物を持って出かけましょう。

夏 6・7・8・9月
この時期から半袖のアイテムだけでも大丈夫になります。素材でいうとやはり綿がメインですね。麻素材のものはこの時期から着れるようになります。しかし、6月は T シャツ一枚だと早すぎますので、重ね着を必ずしましょう。夏でも肌寒い時がありますね。そういう時に使えるのが麻のシャツ。麻なので長袖でも、暑くなりすぎないので一枚持っているとすごく使えます。「この人ちゃんとしてるなぁ」といった好印象を与える事ができますしね。

秋 9・10・11月
着本的に綿素材を一番使う事になるでしょう。しかし、春夏と違って少し厚手の綿になります。ちなみに、この時期からは麻は着ないほうがいいでしょう。そして、秋冬といえばウールです。ウールは11月からがいいですね。10月はまだちょっと暑く感じると思います。コーデュロイは10月くらいから着ても大丈夫です。

冬 12・1・2・3月
本格的な冬となってきます。ウールはもちろん着ましょう。そして、ダウンなどに代表される中綿のブルゾン。厚手のコートなど、防寒に最適なアウターの出番です。マフラーや手袋もセンスアップに有効なアイテムです。これらはこの時期に使いましょう。

といったように、各シーズンに代表されるアイテム・素材を各シーズンご とに、区分けしてみました。

これが完璧に全てとはいえませんが、これらを基準に洋服選びをす るとセンスがよいと思われるでしょう。

女性の多くはこういったことができますが、男性は面倒くさがりな 人が多いせいか、こういったことをしない人が多いです。アナタは当サイトでファッションの勉強をしているわけですから、区分けをしましょう。そして、他の男と差をつけるのです!!

日本には四季があります。その四季を「感じ!」「表現し!」「楽しむ!」 これが、オシャレの醍醐味でもあります。

感じるという事を常に意識すると、アナタの眠っていた“感性”が 呼び起こされます。その感性というのは非常に重要で、その感性が センスに繋がるんです。

季節を感じる!

これを毎日、着替るときや次の日の服を選ぶ時に10分でいいです から意識しましょう!




このページの先頭へ