きれい目なカジュアル、ラフなカジュアル系の服を着よう

最初にこちらをごらんください。
洋服のセンスがないあなたへ!!服のジャンル7種類について詳しく解説

合コンでの状況を例としてお話しするとわかりやすいと思いますので、そうしますね。まず、出会った段階で、自分のタイプが好まれるであろうタイプの女性を区分けします。それと同時にあまり好まれないであろうタイプの女性も把握しておく事が重要です

そのときに、顔がいいとか悪いとかはまず抜きにしておきましょう。とにかく区分けです。きっと相手もそうやって区分けをしているはずです。(女性を含めて、意識して行っているのはアナタだけです。他の男女はそれを意識して行ってません。)

ハイ。ここから仕掛けていきます。そうしたら、自分が好まれるであろうタイプの一番近くに座りましょうこれが、第一の仕掛けです。これをすることにより、女性も自分と同じジャンルの異性が近くにいるので、全く違うジャンルの男が近くに来たときより少し安心するのです。なぜかはお話しましたね。

女性だって、いきなり知らない人と会うわけです。全く話のあわないと思われる人が近くにいるより、合うかもしれない人がいるほうが安心するものです。

もうこの段階で、モテるための第一の関門である警戒心を少し和らげる事ができます。他の男性よりも少しだけリードしました。離れて座ってる男より話がしやすいですし、無意識のうちに女性に安心感を与えてるので、女性も話してみようかなと思うものです。

それに、安心感を与えてるので話もスムーズにいくはずです。警戒心をなくすための探りのトークがこれでいらなくなったからです。ちなみに他の男は、まだ安心感すら与えてません。

そこで、先ほどお話したジャンルが違う女の子はどうするのか?を話します。ジャンルが違っても、アプローチされる可能性が全くないとは言い切れないので、その女性もチェックです。

その場合、話しができるような心の準備をしておいてください。なぜなら、ジャンルが違うと警戒心を崩すトークが中心になりますね。ただし、性格的なノリが合わない限りはじめは苦労すると思います。

それは、先ほども話しましたが警戒心をなくす事がお互いにとって重要になってくるので、初めはぎこちない会話になるでしょう。

でも、こういったことがわかっててトークをするのと、わかってなくてトークをするのとでは全然違ってきますからね。その為に、先ほどお話した区分けが必要になってくるのです!こんな感じで区分けを使ってみてください。

要点をまとめますと、
どんな状況・環境でもジャンルを分けておく。

自分を好むであろうタイプに近づく。

話しかけてもいいし、話しかけられるのを待っててもいい。

違うタイプの女性は頭の片隅に入れておき、その女性と話をするときには「警戒心があるんだな」と意識しておく。

このようになります。これは会社でも友達関係でも同じです。これを意識して行っていると、今までより女性の反応が良くなることがわかりますし、自分自身がらくぅ~になっちゃいます♪

もうこれだけで、女性が食いついてくる事もあると思いますよ~。「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、「類だと思わせる事は女の心を呼ぶ」のです

しかし、この段階ではまだ女性から話しかけられ、アプローチされるにはちょっと仕掛けが足りませんし、独占することができません。

では、どうすればよいのか?

そこで、必要になってくるのが服のセンスです!このセンスが「アナタを楽して他の男より頭ひとつ抜け出させる重要な鍵」となるのです。

要するに、いかにセンス良く見える着こなしをしているかがこれから先、非常に重要になってくるのです!

なので、この先が本題である、「センス良く見える着こなし術」となります。しかし、その前にこのジャンル分けでの注意点がありますのでお聞きください。

タイプ別に好むタイプがあると既にお話しましたね。先ほど各タイプ別にコメントしました。そこで、お伝えしたい事があります。

それは、どのジャンルが、一番ウケがよく、オールマイティーに好まれるのか?逆にどのジャンルが、ウケが良くないのかをお話しておく必要がありますね。アナタもお気づきかもしれませんが、オールマイティーに使えるジャンルが存在します

それは、①②のタイプです。なぜこの二つのタイプが使えるのでしょう。それは、女性の都合で見え方を女性が変えられるという点です。

というのも世の中の女性の服のジャンルの割合が関係してます。一般的に言うと、女性の①②④⑤のタイプが圧倒的に多いです。このタイプの女性が好むタイプのを説明した時に、ほとんど①②が絡んでたのをお気づきでしたか?

つまり、多くの女性に私と同じジャンルだなと思わせるためには、人口の多いタイプ全てに対応できればいいんです!その対応できるタイプというのが、①②なんです。

では、結構多かった男性の⑤のタイプはどうなの?ってお思いではないでしょうか?

⑤のタイプは確かに、①②のタイプの次くらいに好まれるタイプです。しかし、実はこの⑤のタイプの服装って①から派生したジャンルに過ぎないのです。

この①っていうのはメンズの服装の基本中の基本です。この①のジャンルを覚えてしまえば、どんな服装も着こなせるようになるくらい基本的なジャンルなんです。

そして⑤のタイプとは、①のタイプを曖昧に解釈して①っぽくしたのが⑤のタイプなんです。 先ほど、女性の都合で女性が見え方を変えられるといいました。どういうことかといいますと、④⑤のタイプの女性は⑤のタイプを好むと言いましたね。しかし、目の前にいるのは①のタイプ。(①のタイプは⑤のタイプの元になっているタイプといいましたね)

女性からみれば①は⑤のタイプに見ようと思えば見えちゃうんです。(髪形の差も日焼け具合も結構重要になるのですがここでは服のことだけにしておきます)

しかも、それには副産物も生まれます。特に20代半ばから上の④⑤の女性には、①のタイプであるというだけで、結構ポイントが高くなってしまうんです。

つまり、男性の①のタイプは女性の④⑤のタイプにも普通に対応できてしまうのです。

②の話はどうなったの?って思うでしょう。②のタイプは①のタイプを着崩して少しラフにした服装になります。なので、これも①と同様に人口の多い④⑤のタイプに、対応できるという事になります。

しかし、②の場合はそれだけではなく③のタイプの女性にも対応できるのです。なぜかと言いますと、③のタイプの女性は年齢を重ねると①や②のタイプになる傾向が強いのです。なので、結果的に③のタイプにも対応ができるようになるんです。

これらのことから見ると、やはり男性の①②のタイプが範囲が広いということになります。それに、①②の服装は服の基本的なアイテムばかりを使うので、今までダサかった男にとっても取り組みやすいタイプとなりますしね。オススメはとにかく①②のタイプです!

私自身は①②④のタイプをその日の気分で分けて、楽しんでいるので、アプローチしてくる女性は①②④⑤が多いですね。面白いのが、元ギャルで④⑤を目指してる女性にもアプローチされるという事ですね。やっぱり目指すところが変わると、タイプの男性もかわるんでしょうね。

まあ、それでも私はその日の気分でお誘いもお断りしたり、OK したりしてますが・・・。(すいません、また自慢してしまいました)

ここで、逆のタイプをお話しなくてはなりませんね。逆というのは、対応できる範囲が少ないタイプのことです。

ズバリ言いましょう!⑦のタイプです。

なぜかというと、この⑦のタイプをしている男には二通りあります。本当に本気で黒人文化に憧れて追及している人か、ただカッコイイからとかっていう理由で“なんちゃって”B 系にしてるという人の二通り。

でも、パッと見た感じのカッコウはそれほど差がありません。そこで、ヒップホップに興味がある女性から「どんな CD がオススメなの?」なんて聞かれたとします。その答えが、普通のポップスだったりしたときにゃぁ~!「な~んだ偽者か・・・。」なんてことになっちゃいます。

このケースならまだ良いほう。なぜなら、女性がまだそのジャンルの音楽に興味がある程度だから。

ところが、本気でそのジャンルが大好きな女性から質問され、「コア」な答えが出せなかったとしたら、もう二度と好印象は持たれず、相手にされなくなってしまうでしょう。先ほどの、なんちゃって B 系はこの傾向が強いですね・・・。

つまり、こういった文化とリンクした服装というのは、一歩間違えると偽者扱いされてしまい、女性からの期待を裏切る事になります。そうなったら、恋愛対象から外されてしまうでしょう。
⑥のタイプもこういったところが少しありますね。実際にスケボーとかスノボーとかしていれば問題ないのですが、してないと先ほどのようになってしまいます。

70年代から80年代にかけて「丘サーファー」というジャンルがあったそうです。実際にサーフィンはできないし、しないけど、サーフィンをしているというだけで、女性からの食いつきが良かったので、サーフボードを持って溜まり場に溜まっていたり、車にわざと積んで「オレはサーファーだ!」なんてアピールしながらナンパしてたそうです。

しかし、実際にサーフィンができないことがバレると女性から大ブーイングだったみたいですが・・・。

先ほどの⑦のタイプはこういったことになりやすいので、気をつけないといけません。 しかし、本気で本当にその文化(黒人文化やスケボー)が好きで泥酔していると逆にポリシーとなるのでカッコイイです!!!

それでも、①②にくらべると範囲は狭いですが・・・。

このように、オールマイティーに使えるタイプの服装とそうでない服装がわかってきましたね?

ちょっと長くなっちゃってすいません・・・。

でも、最後にもう一度言いたいことが。それは、センスを良く見せる事が、アナタを他の男より頭一個抜け出せるかどうかに関わってきます!



このページの先頭へ