カラーコーディネートをマスターする一番の近道はカメラ

色に対する気負いを捨ててください!

これがカラーコーディネートマスターへの一番の早道なんです。いままでこんなことはなかったですか?

着る前は抵抗があった色にもかかわらず、勇気を出して着てみたら、思ったより良くて気に入ってしまったとか。

今まで着たことがない色を着るわけですから、それなりに抵抗があるのは仕方ありません。それに、今までは無難な色ばかり着ていたわけですし・・・しかし、それを乗り越えた人がおしゃれになれるのです。

簡単実践方法!
今ほとんどの携帯にカメラがついてますよね。それを使い倒しましょう。きれいだなと思った風景があったらすぐに撮る!風景だけじゃなく、目を引いた本の表紙、ペットボトルのラベル、な
どなど。気になったものがあったら、すぐにカメラでストックしましょう。

出かけるまえに、色合わせに迷ったら、携帯の写真を見てください。自分が着たいと思った服の色が入っている写真を探し、それを服の色として落とし込むのです。

これができるようになると、この季節にはこの色が一番いいんだなとか、この色はこの季節に合わないといったように、区別ができるようになってきます!

それだけで、いつもと違うコーディネートができるようになります! もうこれで、色使いのテクニシャンです。あなたの脳の中に、どんどん組み合わせがインプットされていきますよ!

色モノを着なかった今までの自分が、バカバカしくなってきちゃうでしょう?ちなみに、私は、携帯のカメラも使ってますし、色を取り入れるために、写真集とかも見ます。グラビアじゃないですよ(笑)。風景の写真とか、建物、色々な国の人、様々な写真家さんの写真集をながめます。

それと、好きな国があったら、その国旗もいいですね。これって面白いもので、国旗ってその国の雰囲気をうまく表しているんです。例えば、私はフランス・イタリア・アフリカ・ブラジルなどの国旗が好きなんです。

オシャレっぽい合わせにしようかなというときは、芸術の国フランスの国旗の色を使ったり、夜出かける時など少しセクシーな男を演出したいなと思えば、イタリア国旗の色を意識します。夏にカジュアルな雰囲気をだしたいなというときは、アフリカ。陽気な気分の時にはブラジルなどです。

やはり、多くのひとが国旗って覚えてるので、その国旗にあった印象を与える事ができます。先ほどのフランス国旗をイメージしたときは「オシャレだね♪」とか言われますしね。フランスがオシャレな国だという、イメージのおかげでもありますね。



このページの先頭へ