自分の体型にあった洋服の選び方

まずはシルエットを縦長の長方形にする方法を解説します。まず、どこをどう見て長方形にするのか?

それは、服を着た状態で、脇・腰・くるぶしを線で結んでください。足は肩幅に軽く開いてください。そのラインを極力縦長の長方形にするんです。これはとにかく基本中の基本です。これさえ覚えておけばどんな流行にも対応できます。

洋服を選ぶ際・コーディネートする際には実際に服を着て、全体を見てみましょう。そのときに、縦長の長方形になるように洋服自体を調整します。


例えば、気に入ったシャツがあるとしますね。それにあわせようとするパンツを穿いてみて、脇・腰・くるぶしを結んでみます。そのときに、下底(両くるぶしを結んだ幅)より上底(両脇を結んだ幅)が広くなりすぎるようでしたら、そのパンツを合わせるのをやめるか、シャツをやめましょう。逆も同じです。逆三角形でも、ひし形でもなく、長方形です!

この、縦長の長方形をもっと確実なものにするためには、自分の体型(裸になった時)を把握するということと、サイズ選びが非常に重要になってきます。

多くの人がサイズ選びを、非常に!ないがしろにしています。その原因の一つとして、「ゆったりと着たほうが楽だから」、といった意見が圧倒的に多いですね。しかし、センスを良く見せるには正しいサイズ選びが非常に重要です。

すべてのサイズを完璧に把握しろというのは無理ですので、ここではサイズ選びをする時に鍵となる部分をお話します。先ほど、脇・腰・くるぶしを結んだ線をなるべく長方形にするとお話しましたね。サイズ選びのポイントも実はこの3つに近い部分なんです。

サイズ選びのポイントは肩幅・ウエスト・パンツの丈です。肩幅ですが、大抵のトップスは肩の部分に袖の生地を縫い付けてます(セットインという縫製です)。そこの袖と肩の接合部分のステッチが、サイズ選びの基準となります。ここが上すぎるときつそうに見えますし、下すぎるとだらしなく見えてしまいます。どちらかというと、下に落ちてる人が多いですね。必ず、実際の肩にステッチが乗る程度の位置にしましょう。

ウエストに行く前に、ちょっと補足を。肩幅を見ると同時に、ある部分もチェックしてください。それは、長袖のアイテムの袖の長さです。袖の長さを気にする女性って結構多いですよ。では、どうやって袖の長さを調整するのか?基準としては、肩の力を抜いて手を下げた時に、親指の先から 11cm の部分に袖があるといいでしょう。

しかし、常に測れるものをもっているわけではありません。なので、手首の関節の上に袖がある状態にしてください。全てが、そうなるとは言い切れませんが、基準として覚えておいてくださいね。逆に、手のひらの半分ちかくまで、袖がきているのは完璧アウトです!気をつけましょうね。

ウエストは、多くの男性がゆったりしたサイズを選びがちです。例えば丁度良いサイズは 32 インチなのに 34 インチを穿くとかです。

よく聞くのが、太ったら穿けなくなるからサイズを大きめにしとくという意見です。そんなのいつ太るかなんてわかりませんし、未来なんか予測できないのです。今の体型にあったウエストを選ぶべきなんです。

中には、ウエストが細いがお尻や太ももが太いので、ウエストが大きくなってしまうという人がいますね。これは仕方ありません。なので、お尻や太ももを基準にしたサイズ選びをしましょう。

ウエストは基本的に指が縦に2本くらい入るのがベストでしょう。パンツの形によって違いますが、太ももは指が1本入るくらいがいいですね。

問題はパンツの丈です。これはパンツの太さにもよるので一概にこの長さが良いとは言いづらいですが、最低これだけはチェックしましょう。

まず、絶対に引きずらないこと!だらしがなく見えますし、第一汚いですね。地面を引きずったパンツをベッドの中に入れるのはイヤですよね? いつどんな状態でベットインするかわかりませんよ。

丁度いい長さは、シューズを穿いてない状態で、パンツのカカトの部分が、地面に“つくかつかないか”といったところですね。シューズを履いたときに、シューズのソールに裾がちょっとかかる程度がいいでしょう。しかし、一概にココとは言えません。なので、判定方法としてシューズを履いた状態で横に一つクッション(しわ)が入る程度だと思ってください。

あえて短くするというテクもありますが、これは応用編なのでまずは、長すぎず短すぎずという丈にしてください。くれぐれも長くしないように!!! この三つのポイントをきちんとすることによって、長方形も作りやすくなります。むしろ、これだけできれいな長方形が作れる事もあります。

サイズ選びを把握してきたら、今度は長方形を作りにかかります。ですがその前に、アナタが把握しておく事があるのです。


このページの先頭へ