食べ物の話題で共通点を見つけ女の子と仲良くなる方法

食べ物を利用して女の子と共通点を見つけた例です。

あなた「○○ちゃんってパスタ好きなんだ?」

彼女「うん、毎日パスタでもいいよ」

あなた「そうなんだ、俺もパスタ大好きだよ」

彼女「そうなんだ、パスタ美味しいよね♪」

あなた「俺も週3は食べるなぁ」

彼女「週3って・・・(笑)」


さてフード編ですが、これは同じ会社などならランチに行ってるお店やコンビニの弁当などからでも察しがつきますね。普段から同じ環境なら見つけやすい共通点です。

食べ物の話はどんな女性でも食いつきやすい話題です。それ故に最も使いやすい話題だと言えます。あなた自身にさほど好き嫌いがないのであればかなりの確率で共通点として使えますね。

たとえあなたがパスタを週3も食べないとしても全然合わせることなんて簡単です。少々オーバーに言うことで笑いも取れますし、かなり美味しい話題です。

それでは食べ物についてもう少しマニアックな話をしていきましょう。

●希少価値のある食べ物
希少価値といえば、やはり最近では花○牧場の生キャラメルが有名ですね。

あなた「○○ちゃん、花○牧場の生キャラメル食べたことある?」

彼女「まだ食べたことない」

あなた「実は俺、この前食べたんだよね」

彼女「ホント~?いいなぁ」

あなた「まだ残ってるけど良かったら食べる?」

彼女「きゃ~、ホント?食べる、食べる!!」

あなた「皆にバレたら、すぐなくなるから○○ちゃんだけだよ」

ポイントは「○○だけに」というところですね。

この方法なら共通点プラス秘密の共有も出来ます。一石二鳥です。え?生キャラメルなんて中々買えない?それくらい、並んで買って来てください(笑)

●その地域でしか食べられないもの。
例えば地方の名産品。これも共通点にすれば強力です。何故ならそこに行かないと食べられない上に、誰でも出身地の食べ物を褒められれば嬉しいし、旅行先での美味しい経験は少しでも多くの人に伝えたいという心理が働くからです。

そして最近ではそこに行かなくても、地方の美味しい物が身近でも食べられるようになってきました。百貨店でよく地方の物産展なども開催されていますね。

もしあなたが彼女の出身地を知っていたり、よく旅行に行く先を知っていたなら、この方法も使ってみてください。



このページの先頭へ