好きな女の子と親しくなるには最初に何をすればいい?

「人はまず近くにいる人と親しくなる」という法則があります。あなたも学生時代に経験があると思いますが、最初に仲良くなった人は席が隣だったとかではないですか?

これがいわゆる近接の要因というわけですが、この近接の要因が効力を発揮するのは最初だけなのです。もう一度思い出してください。

入学直後は席の近い人と仲良くしますが、次第に趣味が同じとか、クラブ活動が一緒とか共通点がある人と、仲良くなっていきませんでしたか?

このことからも分かるように、結局のところは共通点が最も重要になるということです。でも、この接触頻度もバカには出来ません。この両方の要因を上手く使いこなす事で他のライバルより圧倒的に有利になるということは覚えておいてください。

では具体的に接触頻度を増やすにはどうしたらいいんでしょうか?

これはもう、ことあるごとに声をかけてあげるということです。例えばあなたと彼女が同じ職場なら、簡単ですよね。
「元気?」「頑張ってる?」「調子はどう?」

このように、いつも気にかけていることを存分にアピールしてください。ただ注意するのは必要以上に絡まないということです。一言声をかけて立ち去る。これだけでいいのです。

あまりしつこく話しかけると逆効果なので、さりげなく気にかけているということを意識してください。彼女がカフェなどの店員だった場合
「今日の髪型かわいいね」「今日は混んでるね」「今日はいい天気だね」

このようにかけた言葉に対して簡単に返事できる言葉が最適です。これだけでも他の客との差別化も出来ますし、彼女の印象にはしっかりと残ります。




このページの先頭へ