年下の女の子と付き合いたいなら絶対にデートに誘うな!

まずは女の子とデートが出来るようにならないと何も始まりません。ではまず年下女をデートに誘うテクニックを紹介していきます。

ここで多くの男性は、一まわりも年下の女の子を誘うことに抵抗を持つ人が多いようです。


例えば、
・下心があると思われないだろうか?
・周りから変に思われないだろうか?
・ロリ○ンだと思われないだろうか?
・そもそも誘い方が分からない・・・
など、このように思う男性も少なからずいるようです。

ですが、安心してください。あなたはまだ彼女の恋愛対象でもなんでもないのです。一回り年下の女の子があなたをいきなり恋愛対象に見ることはないのです。たとえあなたに好意を持っていたとしてもです。

それはなぜかというと、たとえ好意を持っていたとしても年下の女の子はまだそれが恋愛感情かどうかが分かっていないのです。中にはあなたがずっと年上というだけで、恋愛感情を押し殺してしまう女の子もいます。いわゆる対象外というやつです(笑)

好きだけど、恋愛までは考えてないという状況ですね。好意をもっているけど恋愛対象ではない。ということは、下心も悟られにくいということです。

ですので年下の女の子を誘うことは、あなたが思っている以上にハードルが低いのです。とはいうものの、いかにハードルが低いと言っても、中には年上好きの女の子もいますし、あなたも下心を絶対悟られないとは言えませんよね。

ですので、女の子を誘う段階で出来るだけマイナスイメージになることは避けたいところです。では、どうやってデートに誘えばいいのかというと・・・

まず大事なのは「デートには誘うな」ということです。

「はぁ?何言ってんの?」
と思いましたか?

私は大真面目です。年下の女の子と付き合いたければ、デートに誘ってはいけません。なぜならデートに誘ってしまうとその時点であなたは女の子から見てどこにでもいる、ただのオヤジになってしまうということです。

先でもいましたが、あなたはまだ恋愛対象の男ではないのです。ですので、女の子は「何故私を誘ったんだろう?」という疑心の念を抱きます。当然ですよね。あなたは彼女よりずっと年上なのです。

そんなあなたが彼女を誘えば、当然のように彼女は疑問を抱きます。最悪「この人は下心がある」と思われてしまう可能性があるかもしれません。これだけは絶対に避けたいところです。

ですので絶対にデートに誘ってはいけません。一体なに言ってるのかと、お思いでしょうが、これにはちゃんとした理由があるのです。

どういうことかというと、あなたがデートに誘ってしまうと、女の子はあなたを自分よりレベルの低い人間と認識してしまうのです。

レベルの低い人間だと認識されてしまっては、この先の戦略もすべてが上手くいかなくなってしまいます。年下女と付き合うには、今の段階であなたは彼女よりレベルが下だと思われてはいけないのです。

年下女と付き合いたいならば、いきなり年下女に余裕を与えてしまってはいけないのです。このステージをあなたのステージで保つことを忘れないでください。

そもそもあなた自身が余裕を持たないといけないのに、女の子に余裕を与えてしまっては意味ありませんよね。ですので、絶対に女の子をデートに誘ってはいけません。これはあなた自身の優位性を保つためです。



このページの先頭へ