年下の女の子の心を揺さぶる大人の男性だけが使えるギャップとは

ギャップと言えば、恋愛において最も有効な手段として有名ですが、ここでのギャップは普通のギャップではありません。ギャップとはマイナスの感情とプラスの感情の振り幅と言われますが、年下女に使う場合はこのマイナスの感情とプラスの感情ではありません。

では一体どんなギャップなのか?

それは少年の心と大人の心の振り幅です。簡単に言えば子供と大人の感情の振り幅ということです。普段、大人っぽい雰囲気なのに話してみたら意外と子供っぽいところがあった。

普段は子供っぽいところがあるのに、ふとした瞬間に大人の一面を見せた。これが年下女を揺さぶるためのギャップです。

では詳しくお話していきましょう。

普通の恋愛ではマイナスの感情からプラスの感情に移行しないとギャップとしての効力は役に立ちません。しかしこの年下女を揺さぶるためのギャップは大人から子供、
又は子供から大人でもどちらでも有効に働きます。

何故なら女性は母性本能が強くて、背伸びをしたがる生き物だからです。つまり母性という本能と大人になりたいという感情が同居しているのです。ですからどちらの感情に移行しても有効なギャップと言えるのです。



このページの先頭へ