あの可愛いカフェの店員さんと仲良くなりたい!

あなたはコーヒー好きですか?コーヒーが好きじゃないにしろ、1ヶ月のうち何日かは喫茶店やカフェに出入りするのではないでしょうか?ちなみに私は毎日のようにカフェに出入りしています。それも複数のカフェにです。

毎日のようにカフェに出入りしていると、当然店員さんの顔を覚えませんか?覚えますよね?特に同じ時間に行くと、大体同じ顔ぶれの店員さんに出くわします。店員さんにしたら数多くのお客の一人ですが、あなたからしたら、店員さんは覚えやすいと思います。

しかし、毎日じゃなくても、たとえ週1回でもいつも同じ時間にそのカフェに通うとしたらどうでしょう?そのうち店員さんもあなたの顔を覚えますよね?そこに出会いのチャンスがあるのです。

そこであなたは、日常の生活の中で「いつも同じカフェでコーヒーを飲む」といういつもの日常を作り出せばいいのです。毎日行くのが望ましいですが、別に同じ時間であれば毎日じゃなくてもかまいません。

会社に出勤する前でもいいですし、会社が終わってからでもいいんです。とにかく日常の習慣にすればいいのです。その店の常連になること、そしてあなたを覚えてもらうこと、それがこの出会いの第1歩です。

顔を覚えてもらったら、次にすることは、挨拶です。
「おはようございます」
「こんにちは」
「こんばんは」
たったこれだけのことです。これだけのことですが、確実にこれで店員さんとの距離は縮まっていきます。

これが当たり前のように出来るようになったらこの挨拶に一言付け加えます。
「今日は寒い(暑い)ですね」
「今日は忙しそうですね」
「昨日は休みだったんですか?」
などなど。これが第2段階です。

なぜこのようなことをするのかと言うと、まずあなた自身が「話しやすい人」と思わせるためです。カフェの店員さんなどは、基本的に、お客さんと会話することはあまりありません。特にいつ来てもムスっとしているようなお客さんには絶対に話しかけたりしないものです。ですので、あなた自身が、「話しかけたら答えてくれる人」という認識を与えなければいけません。

そのための毎日の積み重ねとして極々簡単な挨拶が重要になってくるのです。これである程度仲良くなれば、普段から店員さんの方から話しかけてくれたたり、思わぬチャンスが転がり込んだりする可能性が高まります。



このページの先頭へ