年下の女の子を惚れさせるために必要な6つの感情とは!?

年下女を惚れさせるには6つの感情を支配する必要があります。6つの感情とは・・・
「信頼感」「安心感」「男の余裕」「共感」「親近感」「秘密の共有」
この6つです。

感情と言えば少し語弊があるかもしれませんが、年下女をあなたに惚れさせるにはこの6つが重要になってきます。それではひとつずつ解説していきます。


「信頼感」
信頼感とは読んで字のごとく、あなたを信じて頼りにすること。あなたを信じること、それは今までの彼女との会話や接触である程度の信用は得られていると思います。

しかし、頼りにされているかどうか、というのはまだ分かりません。信用されて、そして頼られることが信頼感です。いざという時は私を助けてくれる、何があっても私を裏切らない、そういう感情を女の子に与えてあげることが信頼感に繋がります。

ただあなたは彼女よりもずっと年上です。これが普通の恋愛だと中々頼られるのは難しいのですが、相手がひとまわり年下だと、頼られるのは比較的簡単だと思ってください。

「安心感」
信頼感と似ていますが、少し違います。安心感とはあなたと一緒にいて心が落ち着くかどうか、ということになります。

あなたが「安心感」を感じるのはどんな時ですか?例えば地球で大規模な核戦争が起こったとしましょう。でも、あなたは世界一の核シェルターを所有しています。そしてその中に今後生きていくのに必要なすべてのものが揃っている。その中にいれば絶対に死なない。

そんなときに「安心感」を感じるのではないでしょうか?

そう、自分よりもっと大きな何かに包まれている時、そんなときに「安心感」を感じることが出来ます


「男の余裕」
これはあなた自身の感情ですが、これを女の子に感じさせることです。女の子からしたら、同年代の男が出来ないことをあなたがサラッとこなしてしまえば、羨望のまなざしで見てくれます。
例えば、普段いけないようなお店に連れて行ってくれたり、支払いがスマートだったり、物事に動じない態度などがこの男の余裕にあたります。


「共感」
これはもう説明するまでもないと思いますが、価値観の共有であったり、共通点であったり、様々なものがあります。恋愛において欠かせない要素でもあります。

ただ、ここで言う共感は普通の共感ではありません。年上男と年下女の共感というのは2人が付き合う上で最も重要な要素となる上に、最も使いやすいテクニックになります。歳が離れた2人には、この共感は、恐ろしいまでの武器となることを覚えておいてください。


「親近感」
どれだけあなたを身近に感じられるかということですね。上記の共感と同じでこの親近感もより強烈な武器となります。

当たり前のことだと思われるでしょうが、年下女に親近感を与えることは、普通の恋愛よりも難しいのです。だからこそこの親近感を与えた時は、これ以上ない強力な武器となりえるのです。

「秘密の共有」
よく聞く言葉ですよね。二人だけの秘密、これはどんな恋愛でも強力な武器になります。


それではこの6つの感情を支配してあなたに惚れさせていきます。デートが出来た時点で女の子はあなたのことを少なからず信頼してくれているわけですから、女の子はある程度、どんなことを話してもあなたが受けとめてくれると勝手に思い込んでいます。(年上なので有利になります)
年下女とのデートではそれをしっかりと受け止めてあげることが最も重要になります。




このページの先頭へ