自分のことを隠さず話せる人は信頼される

自己開示とは心理学で使われる言葉ですが、字の如く、自分の心を開き示すということになります。簡単に言うと「ぶっちゃける」ということです。

相手の本音を聞こうと思っても、いきなり聞けるものじゃありません。そこで自己開示を使うわけですが、これには相手の警戒心を取り除くという効果があります。

「実は俺・・・」という誰にも言っていない事を話すとか、誰にも言えない恥ずかしい体験談とかを話すことで相手の警戒心を取り除くことが出来ます。

自己開示は相手を信用してるからこそ出来ることです。言い換えれば自己開示は相手への信頼と好意を示す行為だということです。人間関係には相手に対して友好的行動をとれば友好的行動が返ってくるという性質があります。

心理学的に言えば「互恵性」といいますが、そんな難しい言葉はヤメましょう。自己開示することによって相手を信頼すれば、相手もあなたの事を信頼してくれるようになります。

要するに自分がぶっちゃけて話せば相手もぶっちゃけてくれるということです。たとえぶっちゃけた内容が、ドン引きされるような内容であったとしてもです。

誰にでも人に言いにくいことや、恥ずかしい事のひとつやふたつはあるでしょう。

この方法ではより恥ずかしい事、言いにくいことをぶっちゃける方が効果が高くなります。なぜなら相手はそれほど「私の事を信頼してくれているんだ」と思うからです。

そして、まず自分がぶっちゃける事によって相手にぶっちゃけやすい環境を作ってあげるのです。そうすることによって相手の女の子もぶっちゃけて話してくれるようになります。

ではここでひとつ例を出してみましょう。

あなた「実は俺・・・最近フラれたんだよね」

彼女「なんでフラれちゃったの?」

あなた「実は浮気しちゃって・・」

彼女「それはダメだよ、○○が悪いんだからしょうがないね」

あなた「うん、それは分かってる。でも彼女のことは本気だったんだよね」

彼女「じゃあなんで浮気なんかしちゃったの?」

あなた「・・・・」

あなた「○○ちゃんは浮気する男ってどう思う?」

彼女「最低!」

あなた「そうだよね、最低だよね。だからもう二度としないつもり」

彼女「そりゃそうだよ、彼女が可哀想」

あなた「○○ちゃんに最低って言われたら・・・ね」

彼女「私も実は浮気されたことがあるからね」

あなた「え?そうなの?」

ここから彼女の自己開示が始まる・・・ どうでしょうか?

このようにあなたが自己開示すればかなりの確率で彼女も自己開示してくれるようになります。
ただここで注意してほしいのは自己開示は少しずつ。あまりにもいきなり大きな自己開示をするとドン引きされすぎますのですこしずつ話の中で小出しにしていく方が効果があります。

あなたが自己開示 ⇒ 彼女が自己開示 ⇒さらにあなたの自己開示というような順で少しずつ自己開示するようにしてください。

ある程度の信頼関係が出来ていたら、一気に自己開示しても大丈夫ですが、そうでないならしこしずつ自己開示するようにしてください。

その他恋愛話以外では、例えば昔自転車を盗んで見つかったことがあるとか、高校時代にお酒で失敗したとか、笑い話に出来ることも使えます。かなり砕けてくると、変わった場所でHしたことがあるとかも使いようによっては効果があります。

思わぬ彼女の素顔が見れるかもしれません。



このページの先頭へ