彼女の体に触れることができ、いい雰囲気なら勇気を出してキスしよう

密着した状態で座ったら次にボディタッチです。ボディタッチといえども、すでに密着して座っている状態ならなにも難しいことではありません。
「手相を見てあげる」でもいいですし、
「○○ちゃんの手の大きさってどれくらい?」
と聞いて、手を合わせたりしてもいいです。

彼女がピアスをしていたりしたら、「このピアス可愛いね」と言って耳に触れる事だって出来ます。これだけで彼女のボルテージはかなり上がりますのですでにキスする準備は整っていると言ってもいいでしょう。

あ、それと頭を撫でるのも非常に効果的です。これは大人の部分を褒めた後、ちょっとからかうように撫でてあげればより効果的です。頭を撫でられるという行為は女性なら誰でも嬉しいものです。

頭を撫でながら、自分の方に頭を引き寄せることもできますので、是非やってみてください。

ここまでくればあとは多少強引でもキスをしてください。ここであなたは勇気を出してキスをしないと、今までせっかく彼女の不安を消してきたことが無駄になります。瞬く間に彼女は不安の渦に巻き込まれていくでしょう。

「あぁ、やっぱり私のこと女として見れないんだ・・・」とね。ですので、ここはひとつ勇気を出してキスをしてあげてください。これで彼女の不安は半分以上解消されているはずです。「もしかして」から「ほぼ確信」に変わります。

「ほぼ」?ということは、完全じゃないってことですよね?そうです、完全じゃありません。ここでの女の子の心理はこうです。
「やっぱり女として見てくれているんだ」
「でも、もしかして遊ばれてるのかな」
「私みたいな子供に本気になるわけないよね」

これで彼女の不安が全て解消されたわけではありません。ここでさらにその先へ進んでいかなければなりません。

すでにキスをしてるわけですから、あなたの自宅に誘うことの壁もかなり低くなっていると思います。しかし、やはりここでも彼女の不安が消えたわけではありませんので彼女の不安を消してあげることが重要になります。
「でも、もしかして遊ばれてるのかな」
「私みたいな子供に本気になるわけないよね」

彼女はまだこういう心理かもしれませんので念には念を入れてこの不安を取り除いていってあげます。女はややこしい生き物です。



このページの先頭へ