年上のあなただからこそ女の子から「安心感」「共感」「秘密の共有」を手に入れられる

まず女の子は話したがり屋です。本当は自分の事をわかって欲しくてしょうがないのです。でもなかなか話す相手がいない。同姓の友達には話せても男性には話す機会があまりないんです。

特に同年代の男性には女の子は少し頼りなさを感じているので特にプライベートの悩みなどは相談しにくいのです。女の子は常に、こんな事言ったら引かれるんじゃないだろうか?嫌われるんじゃないだろうか?と思っています。

だからそんな女の子にも安心して話せるような環境を作ってあげるんです。と言ってもいきなり深刻な相談などは女の子も話しづらいので、普段から「あなたの話を聞けますよ」という態度で接してあげることが重要になります。

普段からステージを降りて彼女の目線で話すということを意識しておいてください。そしてポイントは決して女の子の言った事を否定しないことです。説教なんてもってのほかです。ただ聞いてあげるだけでいいんです。

聞いてあげるだけなら簡単ですよね?この環境を作り出すことは年上であるあなたの最強の武器となります。これでまず「信頼感」が手に入ります。

次に少しずつ自己開示をしながら、女の子に話しやすい環境をどんどん作ってあげてください。この自己開示は何度も言うように非常に強力です。この方法はどんな女性にも有効ですが、相手が年下だった場合により効果が発揮されます。

なぜなら、女の子はあなたのことを年上という事で少なからず尊敬の念を抱いています。そこで自己開示をすることで女の子はより親近感を覚えるのです。

女の子からしたら、こんなに大人なのに、悩んでいることや、恋愛に関しては私たちと同じなんだと勝手に思ってくれます。 ここでさらに「共感」という感情が生まれるのです。さらに、この自己開示でこのように言ってあげてください。
「○○ちゃんだから話すんだよ」
この言葉は相手を信頼しているという証にもなります。

当然、彼女は自分が話すことも、あなたが他の誰にも話さないということを無意識で理解します。ということは安心してあなたに自分の悩みを話してくれるという効果があります。

これで「安心感」「共感」「秘密の共有」まで一気に手に入れることができます。まさに一石三鳥のテクニックです。




このページの先頭へ