若い女の子と付き合うときジェネレーションギャップは大丈夫?

さて、年下の彼女と付き合って行く上で絶対に起こることに「ジェネレーションギャップ」があります。
話が合わない
食べ物の好みが合わない
興味あることが合わない
色々あると思います。

はっきり言います。そんなことはどうでもいいのです。もう一回言います。そんなことはどうでもいいのです。同年代でも趣味や好みは違います。趣味や好みの違いはその人の「個性」なのです。

ですからあなたが彼女にあわす必要もありませんし、彼女にあわさせる必要もありません。ただ、あなたが彼女の趣味を否定さえしなければいいのです。そんな子供っぽいことはやめろ、とか、もっと大人っぽい格好をしろ、とか言わなければ何も問題はありません。

重要なのは相手を否定しないことです。「否定」さえしなければ、自然と彼女はあなたの趣味思考に合わせてきてくれます。なぜなら彼女も年をとっていくんですから。

あなたがいつまでも若い気分でいれば、必然的に同年代のような感覚になっていくはずです。たとえ、あなたが好きな漫画やアニメを彼女が「ふる~」と言っても開き直って、彼女に見せてあげるくらいの度量で接してください。

いつのまにか彼女も興味をもってしまったりするものです。口では古いことを言っても気持ちを若く持つことがもっとも重要であることを理解してください。





このページの先頭へ