会話のテンポを良くする3つのテクニック

会話のテンポを大切です。では会話のテンポとは…?

2人の会話のテンポが合わないと楽しい雰囲気が壊れてしまい、相手に不快感を与えてしまいます。必ず会話のテンポを相手と合わせるようにしましょう。会話のテンポを合わせるコツを説明します。

相手の話が長い場合は相づちを打つ
得意な話や、興味を持っている話の時は相手は会話が長くなってしまいます。そんな時に、自分が割って入って話をしようとすると会話のテンポが乱れ、相手が不快な思いをしてしまいます。
このような事態が起こらないために相手の話が長いときは、自分は頷きと相槌程度で返してあげると、スムーズに会話が進んでいきます。逆に、ただ聞いてあげるだけだと、相手が話し辛いと感じてしまいます。

相手の話の合間、合間にテンポよくうなずきながら、相槌を打つとテンポが生まれます。但し、「笑い」と「オーバーリアクション」を使わないで相槌をしてしまうと、「この人、本当に私の話を聞いているのかな・・・」 「私の話…聞いているのかな?」と勘違いされてしまうので注意しましょう。

相手の話が短い場合は相槌+話題を振る
逆に相手の話が短かった場合、または相槌程度だった場合はこちらもそのテンポに合わせるべく短い話+話題を振ることで、テンポを作ります。

相手が話し下手だった場合や、緊張してあまり話を自分からしてくれない場合は、あなたが主導権を握って相手が話しやすい環境を作ってあげましょう。

ただ、ここで一方的にあなたが長い時間話をしてしまうと相手は「つまらない」とか「退屈」とか思ってしまう可能性がありますのでテンポよく、さくっと会話を進めていきましょう。

相手が話しやすい、聞きやすい間を作る
例えば、女性と食事をいている際に相手が料理を口に運んだ瞬間に相手に話題を投げかけても、口の中に料理がいっぱいでとても話し辛くなっていまいます。

また、自分の言ったことに対して相手が考えている際に、ポンポン違う話題を出したり間髪入れずに話を進めてしまうと 相手は居心地が悪いと感じてしまいます。

会話をする際は、ただ話をするだけではなく相手の表情や行動を確認しつつ会話を進めていく事が重要となります。

逆に、沈黙になった場合も何も話題を振らずボーっとしていたら気まずい空気が流れてしまうので、そういった場合もすばやく対処しなければいけません。

適度な間を作って、より空気をよくしていきましょう。その為にも、相手の話をよく聞き、真意を掴み相手の表情や行動を確認していきましょう。




このページの先頭へ