会話をする上で目線は重要

会話は、言葉と言葉でするものではありません。会話をする上で目線も重要な要素の1つとなります。目線が違うところを向いて話をする。又は、うつむいて話をしてしまうと相手は、「この人自信がなさそう・・・」と思ってしまうでしょう。

さらに、相手に自分の意思や感情が伝わりにくくなります。逆に目を見て話す事で、多少話し方が下手でも意思や感情が伝わりやすくなるので、必ず目を見て話をしましょう。

目を見て話をする事で、2人だけの空間を作る事ができ、より一層恋愛モードに持っていきやすい環境が作れますので必ず相手と話す時は、相手の目を見て話をしましょう。

また、いきなり目を見て話すのは恥ずかしいと思うなら相手の顔全体をぼんやりと見る感じで話をしましょう。



このページの先頭へ