彼女を家に呼ぶための準備をしよう!!

家に呼べるようになったら、準備をしないといけません。準備せずに、その場の流れで呼ぶような場合もありますが、いつ来ても大丈夫なように準備しておけばいいだけの話です。

部屋の掃除
自分基準じゃ駄目です。この際だから徹底的に片づけましょう。もう引っ越すのかな?と思われるくらいでも大丈夫です。

で、掃除が終わって綺麗になったとしても満足してはいけません。本格的な準備はここから始まります。


相手の場所を作る
普段はあなた一人で暮らしているんだから、どうやってもあなた専用の一人で寛ぐ部屋になっています。そこにもう一人来るとなると、案外居場所がなかったりします。気の置けない友人だったら「その辺座っててー」で済みますが、彼女や狙っている女性を招待する時にそれでは駄目で
す。

いつもあなたが寛いでいるポジションに加えて、相手の女性もくつろげる場所を作らないといけません。居心地のいい場所を、最低でも 1 か所は作っておいてください。お勧めはベッドの上に座らせることです。そのため、ベッドからではないとテレビが見にくい場所の配置をする
ことです。そうすれば、女性もテレビを見たいですし、ベッドに座りやすくなります。


自分が客人になったつもりで接する
部屋の掃除もしたし、居場所も作りました。でも準備は終わりません。そこまで用意できたら、あなた自身が客になったつもりでシミュレーションしてみましょう。

来る相手が普段どんな服装で、どんな靴を履いているか良く思いだしましょう。冬場なら、玄関口でコートを掛ける場所はあるか、ブーツなら脱ぐときに不自由はないです。雨だったりする時は、傘の場所はどこに置けばよいのか、その辺りに気を配ってみてもいいです。気は、配り過ぎても足りないことはないです。どんな服装とか予想が付かない場合でも、なんでも対応できるようにしておくことは大事です。

いよいよ当日
本番の日が来ました。当日はお客さんをおもてなしするホストの気分になってください。あなた自身も楽しむことは大切ですが、フットワークは常に軽くしていきましょう。あなたがどうされたら嬉しいか、それだけを忘れずに考えて動けば、気持よく当日は動けるはずです。

ただ、セックスしたいのなら、どうすればセックスに持ち込めるのか考えなければなりません。彼女に対しての行動なら、昼はランチを食べて、夜は家で料理を作るといったイベントにしてしまってもいいでしょう。

外食に慣れている女性だと、家で一緒に食事を着くと言うことだけでもイベントになります。その時は食材を一緒に選ぶのもいいです。



このページの先頭へ