比喩を使い抑揚をつけて話すことであなたの話は魅力的になる

感化的用法や、擬声語、擬態語と同じで比喩を使うことで、言葉に表現を生ませる事が出来ます。例えば、なかなかうまく相手に伝えづらい時に他の何かに例える事で、抽象的なものを具体化させると相手にすんなり伝わりその情景を想像させやすくなります。

会話例
一般:このカレーってすごく辛いですね
比喩:このカレーって口から火が出る辛さですね

比喩を使うことで、表現が豊かになりますので一瞬にしてその情景が想像出来るようになります。

一本調子で会話をしても退屈になってしまいます。声のボリューム、声の高低、話すスピードこれらを話の内容に沿って変化させる事で抑揚をつける事ができます。

一言、二言の会話であれば、抑揚は必要ありませんがデート等で、長時間会話する際には必ず抑揚をつけましょう。またその抑揚にそって表情にも変化をつける事で より一層、華やかになります。




このページの先頭へ