聞き上手になるための3つのコツ

昔から、聞き上手は話し上手と言われているように一方的に自分が話す事が話し上手ではなく うまく相手の話を引き出して、聞いてあげ、それにプラスして自分も話してあげる・・・。これが本当の会話のプロです。

なので、まずは会話の基礎である聞き上手になる事が重要となります。では、そのポイントをお伝えします。

1,相手が話をしているときは、相手に集中する
話している相手に対して、少し体を向ける事が重要となります。そうする事で、より相手は
「私の話をしっかり聞いてくれている」
「私の話に興味を持っている」
という感情を持ち
「あなたに話をするのが楽しい」
「あなたと話をするのが心地よい」
と感じてくれます。


2,相手の意見を一度受け入れてから自分の意見を言う
男性は、相手の言ったことに対して、自分との考えが違うとそこに対して否定をして自分の意見を述べようとします。これは、男性の持つ本能で「相手に自分の知識を教えてあげたい」という本当は、相手の為を思っての優しい気持ちからくるのですが残念ながら、このような事をしてしまうと相手はあなたの話を「説教」と捉えてしまいます。

男性は、優しさのつもりで自分の意見を言っただけなのに相手の否定をしてしまうことで、一気に相手のテンションを下げてしまうのです。


3,相手の話は読点で相槌、句点で相槌
相手の話に対して、読点を打つタイミングでは
「へぇ、そうなんだ!それで?」
というような相槌を打ち、句点のタイミングでは自分の意見を相手に伝えると、相手は「この人ちゃんと話を聞いてくれている」と考えてくれます。

先ほどもお伝えしましたが、自分の意見を伝える時はあくまでも相手の話を肯定した上で、自分の意見を言って下さい。

読点のタイミングで相槌、句点のタイミングで意見を伝えることで相手が話しやすい環境を作れます。また、相槌を打っていることで相手が「ちゃんと聞いてくれている」と思ってくれます。
想像してみてください。あなたはある女性とデートした時に一方的に相手の女性が話をしてしまったら・・・きっと、あなたはつまらなく感じてしまうでしょう。

特に自分に興味のない話であれば尚更です。聞き上手は話し上手。しっかりと相手の話に耳を傾けましょう。




このページの先頭へ