ギャップのある男に女の子はキュンとくる

実は、女性の多くが GAP のある男性が好きだからです。多いのは外見と内面の GAP です。
「見た目怖そうなのに、話したらすごく優しい」
「見た目ひ弱そうなのに、意外と男らしい」

このような GAP を会話の中で使っていきます。GAP を使うことで
ギャップを作るメリット
この3つが生まれます。

では、具体的にどのように GAP を作るかお伝えします。

見た目が怖そうと言われる人の場合
見た目が怖そうな方は、当然話し方も乱暴である。又はオラオラ系だと思われがちです。なので、初対面の相手に対しては敬語を使って水平コミュニケーションをしたり気遣いを見せ、「ありがとう」という言葉を掛けてあげるだけで、一気に好感度が上がります。

見た目が優しそうと言われる人の場合
見た目が優しそうな人はどこか頼りなさそうなイメージをもたれます。このイメージを払拭する為にはエピソードを使って話をして、相手の女性に「この人、意外と男らしい」とか「この人、私の事を守ってくれそう」と妄想させる事で、一気に好感度が上がります。

真面目な顔で面白いことを言う
マジメな顔で面白い事を言うとただ、笑顔で面白い事を言うより数倍、笑いが起きます。例えば、話し始めはマジメな顔して
「俺、昨日転んじゃって足にアザできちゃった、あはは(笑)」
という感じで、話の最後に笑いを入れると最も効果的です。これは、マジメな顔と話す内容に GAPが生まれた為相手は想定外になり、一気に笑いが起きるのです。

大変なことを笑顔でさらりと言う
今度は、逆に笑顔ですごい事を言ってみます。例えば仕事を例に取ってみます。 本当に疲れた顔で
「今週1週間は仕事忙しくて全然、寝る時間なくてしんどい・・・」
と言うより、笑顔で
「今週1週間は仕事忙しくて、全然、寝る時間なくてしんどい・・・!」
と、言ったほうが、
「この人は疲れているけど、仕事を楽しんでやっている!」
と相手の女性は思ってくれます。 当然ですが、仕事を嫌々やっている男性より楽しんで毎日やっている男性のほうが好印象に見えますよね?

辛い内容等の話の時は、笑顔でサラリと言ってしまう事でこの人ってすごいんだと思わせることができます。

またギャップを多用したり、笑いとオーバーリアクションを使い軽いノリで会話をすると女の子はこの人どんな人なんだろうと興味を持ってくれます。

1つ想像してみましょう。もし、あなたがある女性のすべてを知ってしまったら・・・正直、それ以上興味は沸かないし、知ろうとも思いませんよね。

でも、逆にその女性の本心がよく掴めないとしたら・・・あなたは、本心を知りたくなり、もっとその女性の事を知りたくなりますよね。

この心理を使うためにも、相手に、自分のすべてをさらけ出したり悟られてはダメです。本心を隠すには GAP を使う事と軽いノリで会話を進めることで出来ますので是非、やってください。




このページの先頭へ