「通達的用法」と「感化的用法」について

会話の表現方法には「通達的用法」と「感化的用法」の2つの方法があります。

通達的用法とは、実況中継のように事実を伝える事です。
20歳前後の若い女性
彼女の身長は150センチ
あの子の洋服は黒と白のボーダー柄


感化的用法とは、主観で物事を捉え、伝える事です。
見た目が派手なギャル
彼女は小さくて可愛らしい
おしゃれでカッコいいファッション

この2つを読み比べて分かるように感化的用法を使ったほうが、会話に表情がつき表現しやすくなるので、相手の女性に自分の思い通りに印象を付ける事が可能となります。

会話をする際は、通達的用法を使うのではなく感化的用法を使い、言葉 1 つ1つに表情をつけてあげましょう。



このページの先頭へ