寒い空気を作ってしまったときの対処方法

寒い空気を作ってしまったときの対処方法を説明します。

1,この沈黙状況を解説する
会話の基礎である「笑い」と「オーバーリアクション」を使って「隙」を作ってある事が前提ですが例えば沈黙になってしまったら
「なんか、無言になっちゃったね(笑)」
「そんな沈黙しないでよ(笑)」
「○○ちゃん、何かしゃべっていいよ(笑)」
と、軽いノリで言ってあげると一気に場の雰囲気を沈黙から笑いに変える事が出来ます。

2,話題をリセットし次の話題に持っていく
自分の発言が、スベってしまい場の空気が凍ってしまう事や、何かマズイ事を言ってシーンとなってしまったら、その話題を一度リセットして、全く別の話題を出す事が重要となります。

シーンとしてしまった話題を、なんとか盛り上げようと努力するのではなく、その話はなかった事にしてすぐに違う話題を出す事で、その場を乗り越えましょう。

その際に、「そういえば~」とか「今、思い出したんだけど~」という感じで、一言付け加えて違う話題を出しましょう。

このように、場を沈黙させないように日頃から話題探しをして、会話を繋げられるようにいていきましょう。


このページの先頭へ