女の子に不審に思われたとき回避するテクニック

彼女の男性観・価値観を知りたいがために
『 なんで私に質問ばかりするの? 』
『 そんなこと聞いてどうすんの ? 』
『 あなたは、警察ですか ? 』
と思われるかもしれません。

彼女のことを知ることばかり考えていると、会話が、質問ばかりになってしまいます。これは、気をつけなければなりません。スムーズな会話になりませんし、女性に不審に思われるからです。 上記のような質問をされる可能性は大です。

なるべく避けたいことですが、万が一質問された場合の、対処の仕方をお教えします。以下のような方法があります。
1. 正直に言う。
2. あほらしい答えを言う。
3. 遠まわし表現のテクニック

1.正直に言う
正直に言ってしまうケースです。

例:
『 君みたいな、綺麗な人が、どんな男がタイプなのか気になってしかたがなかったんだ。 』

2. あほらしい答えを言う。
見え透いたウソですが、ちょっとユーモアのある答えをしてみることです。
『 今日から占いを勉強しようと思ってさー 』
『 今、人間学の勉強しているんだ 』

3. 遠まわし表現のテクニック
これは、日常であなたも使っているはずです。会話に第三者を入れることです。あなたの意見を、第三者の意見として言う表現です。

例:
『 うちのおばあちゃんが今日、綺麗な人に出会ったら、なんでもかんでも聞いて来いって言うからさー。ハハハ 』

“何でもいいから言い訳してしまえ”、という発想です。ポイントは、“君みたいな、美人な人” と、付け加えることですかね。

このテクニックは、とても便利なテクニックですので、ここでもう少し説明します。 例えば、遠回り表現は、
① 彼女の考えを引き出したい時
② あなたの意見をストレートに言いづらい時
などに使えるとても便利な会話のテクニックです。

① の例:
『 俺の知り合いの A ちゃんが言うには、一緒にいて楽しい人を、恋人候補にするんだって。 ○○ちゃんは、どう思う? 』
( A ちゃんという、第三者を引き合いにだすことによって、彼女も答えやすくなる)

② の例:
『 普通の人はさ、タバコの煙を顔にかけられるのが嫌いなんだって 』
( “普通の人”という第三者を持ち出すことによって、当人同士の間にワンクッションをおくことができます。)

特に、彼女の価値観や男性観など、聞きづらいことを話してもらう際も、あなたの友達や、架空の人物をたくみに使って、彼女が話しやすいように誘導することができます。



このページの先頭へ