徐々に会う回数を減らしていく

きれいに別れたいのなら、いきなり切るのではなく、徐々に会う回数を減らしたり連絡を減らしたりしてフェードアウトしていきましょう。一日1回連絡を取っていたなら、これを2日に1回、3日に1回・・・とです。
(常に「忙しい」ことをアピールしてることが大事です!)

その方法をとるのがなぜいいかと言うと、女の子のストーカー化を、少しではありますが減らすことができるからです。男性が遊びの女性と別れるときに、何が一番怖いかというと、やっぱり「別れたくない」と迫られたり、思い詰められて後をつけ回されたりすることではないでしょうか。ぐじぐじ泣かれるのも、同じ話を繰り返されるのも、かなり苦痛ですよね?

男性に限らず、その状態は女性から見ても恐怖を感じる状態なので、「怖い!」と思ってしまう気持ちはよくわかります。徐々にフェードアウトしていく。会う回数を減らしたりする。そしてだんだん連絡を取らなくなって、最後には携帯から連絡先が消える。 ・・・自然消滅。

これって、実は結構理想的な別れ方だったりします。よく言いますよね、「なんかあの人とは自然消滅したっぽい」とか。俗に言う「自然消滅」の状態、それがこの徐々にフェードアウトしていく状態なのです。ここで女性がどういう心理状態になるのか、お教えしますね。

元々あまりたくさん連絡は取らないようにしておいて、いよいよそろそろ見切りをつけたいとなったとき、「今すごく忙しいから」とか、なんでもいいからそれっぽい、連絡の取れないような理由をつけて、連絡を取ることを減らす。

そうすると、 「遊び相手」としてのあなたの存在の大きさが、日常生活を送っていく中で薄れていくんです。生活って、毎日送っていくのは大変ですよね。毎日のルーティンワークほど面倒なものはないかもしれません。

特にキャバ嬢は仕事で疲れ切っていますから、連絡を取る回数を減らすだけでも、「ああ、そういえば最近連絡来ないな」くらいにしか考えなくなるんですよ。もちろん、あなたがお客さんとしてお店に通っているようであれば話は別ですけどね。

そういうときは、「最近連絡こないけどどうしてるの?」なんてところから入って営業メールをしちゃいますから。でも、あなたがキャバ嬢と個人的に遊び始めた時点で、お店に行くのをやめてしまっていたとしたら?

お店に来ない、遊び相手の男性の事なんて、正直言って簡単に忘れちゃうものなんですよ。思い出にも残らないかも。他の項目で「連絡が取れない」ことや、「自宅を教えない」ということを推奨していますから、キャバ嬢にとってあなたは「プライベートがよくわからない遊び相手」なんです。

そういうところがミステリアスでハマる、って子も、まあいなくはないですが。でもだいたいの女の子は、連絡のしっかり取れる、所在をきちんと明かしてくれる男性には安心感を感じて、長く付き合っていきたいと思うものです。

家の場所も知らない、メールをしても返ってこない、電話をかけても繋がらない…。この状態って、女の子はすごく不安定になるんですよ。そして、不安定になるから、そのことを忘れるように仕事などに力を入れて、結果あなたの存在自体がどうでもよくなってきてしまう。

だから、最後に「別れよう」なんてしっかりと言って別れる必要は、遊び相手に限ってだと必要ないと思います。むしろ、しないほうがいいです。恋人同士だったらけじめは必要だと思いますけど、遊びなら遊びのまま、綺麗な思い出で終わりたいっていう気持ちがあるのは事実ですし。
「別れよう」とは言われてないから、ひょっとしたら連絡がくるかもしれない。最初はそう思うかも知れません。でも、間違いなくこれは言えます。

本命ができれば、遊び相手のあなたのことなんてあっさり携帯のメモリーから消してしまいます、実に簡単に。連絡を取ることをやめて、本命の相手ができるのを待つ。フェードアウトを決めたからには、彼女が本当にどうでもよくなった、そのときまで連絡は取らないであげてください。

ひどいと思うかも知れませんが、それが逆に優しさになることだってあるんです。それと・・・もし可能なら電話番号はなるべく教えない、または仕事用の携帯の電話番号しか教えない、これぐらい徹底しておいたほうがいいですね。メールアドレスだけなら、簡単に変更もできますしね。

連絡先の全てを教えないことは、女の子に対しても「君には全てを教えない関係でしかない」と宣言することにも繋がりますしね。キャバ嬢だって、メールアドレスは簡単に教えても、電話番号は教えないって嬢がほとんどですよ。仕事用とプライベート用、二つの番号を使い分けている嬢もいますしね。

そもそも、電話番号すらわからない相手のことなんて、きちんと信用なんてできないですから。電話番号を教えない、たったそれだけのことでも「君はただの遊び相手だよ」という意思表示をしっかりしていることに繋がります。

ここまで「上手な別れ方」をお伝えしておいて、今さらこんなことを言うのもどうかと思うんですが・・・別れるときは、本当に上手に別れてあげてください。

男性のことで傷つくことが、女の子にとっては何よりもつらいことだったりします。遊びなら、上手に遊んで、深みにはまらないうちに上手に別れる。それが、お互いにいいことだと思います。



このページの先頭へ