女の子と話すのが苦手!!そんなときの対処法

お店の女の子と喋るのが苦手な人はどうしたらいいのでしょう?
①かわいい女の子(目当ての女の子)を目の前にしているため、何を喋っていいのか分からない・・・。
② 実際に口下手で、どんなことを喋っていいのか分からない。

大きく分けると、この2つのうちどちらかが該当すると思います。あなたが驚くようなことを言いますが、話す内容なんて、深く考えなくていいんです。

身内や友達など気を遣わない関係の人と喋る時、何か意識しながら喋っていますか?もちろん、意識なんてしてないですよね?だったら、少し考えるだけでいいんです。

例えば、
「この店で働いてどれくらい?」
「いつも何時から何時まで働いているの?」
「どんなファッションが好き?」
「いつも何時くらいに寝るの?」
「好きなテレビ番組ってある?」
「お店の子って何人くらいいるの?」
「変なお客さんとかいる?」
「その変なお客さんってどんな人のこと?」
「趣味って何?」
「好きな芸能人とかいる?」
など、質問は何でもいいんです。

しかし気をつけてほしいのは、プライベートに関する質問をいきなりしないこと。あまりにも突っ込んだ話をしてはいけません。女の子に不快感を与えてしまいます。出会って数分の関係で、深い話なんてできるわけがありませんよね?

なので、何でも簡単な質問を並べるだけでいいんです。こういった質問から色々なことが聞きだせます。例えば、女の子が嫌がるお客さん像や、生活リズム、趣味、価値観など…こんなことが分かれば、その女の子への今後のアプローチもしやすくなります。

他にお勧めの会話は
「芸能人で、誰かに似てるって言われない?」
このように質問をします。それから、
「ん~~、誰だったかな・・・?」
と実際に思いつく芸能人がいなくても、考えているフリをします。

すると、だいたい女の子はよく似ているという芸能人の名前を言ってくれます。そこで、普通に考えて、言われて嬉しいであろう芸能人である場合は「あっ、やっぱりそうか。名前がでてこなかったんだよね~。」などと同感している素振りを見せます。

明らかに言われても嬉しくないと思われる芸能人、アニメのキャラクターなどの名前を挙げてきた場合は、「そうかなぁ。って言うより…。」と言っておいて女優や、女性アーティスト・モデルなど、似てなくても構いません。かわいいと一般的に言われている芸能人の名前を挙げればいいのです!

褒められて女の子は、悪い気はしませんので、大げさすぎるくらいで結構です。言われて嬉しいと思う芸能人の名前を言いましょう。それでも何を喋っていいのか分からない人!

そんな人は、最初に女の子が横に座った段階で「横にかわいい女の子がいるから、緊張して喋れない」などと言いましょう。それだけで、女の子は誤解することがなくなります。それでも、尚、喋れないという方には・・・秘策があります。

簡単なマジックをいくつか覚えましょう。ただ、トランプなど事前に用意してするようなマジックは、いかにも披露しようと決めていたようでいやらしいです。しないことをお勧めします。 コップとコインを使った簡単なマジックでも構いません。キャバクラ嬢を楽しませるひとつの道具として使うといいでしょう。それだけで一気に距離は縮まります。

ちょっとしたマジックを見せるだけなんですよ?なぜか?自分にできないことができる人に対しては人間はよくばりなせいか、魅力を感じるモノなんです。

マジックができないっていう方は勉強することをお勧めします。マジックは、あなたが想像している以上に効果があるので♪その他にも、話題を尽くさないために、おみやげを持って来店するのもお勧めです。決してプレゼントというモノではなく、珍しいモノでいいんです。

高価なモノを持ってくるより、話題になりやすいのは、珍しいモノなんです。気持ち悪いモノはダメです。珍しくて馴染みやすいモノをお勧めします。例えば、「極端に小さいケーキ」「出張先の地方の特産品」「外国でしか売ってない物」 何でもいいので、おみやげを持って行くと、話題になるのは確実です。女の子に話のきっかけを与えてあげると自分も話がしやすくなります。

また、一番重要な質問はこれです!
「今、悩みって何かある?」
これは、かなり重要なキーワードになります。

なぜか?それは、お店で働く女の子はみんな、「淋しさを埋めてくれること」「癒しを満たしてくれること」を求めているとお話しましたよね。

女の子の悩みを聞いて、その相談にのってあげる。それだけでいいんです。女の子は、単にそれだけで一気に心を開いてくれます。お店で働く女の子は、絶対に悩みを持ちながら働いています。お店に出勤するのが好きだ!って言う女の子は、実際にはほんとに少ないんです。

ほとんどの女の子は、出勤することすら嫌がっているんですよ。その悩みというのを、聞いてあげるだけで
「この人は相談にのってくれている。いい人だ!」
お店で働く女の子はそういう感覚になります。

まずは「いいお客さん」「いい人」という印象を与えることが大前提となります。いい人♪って思う人でないと「一緒にいたい」と思いませんよね? もちろん、女の子の中で「いい人=安全牌」という図式はあるかもしれません。

しかし、とにかく彼女の心を開かなければ、次はないわけです。「悩みを話せる」「一緒にいたい」と思わせることができれば、必ず、絶対に、その女の子はあなたにプライベートで会いたいと言ってきます!


このページの先頭へ