キャバクラ嬢があなたのことを好きになる魔法の会話術

どのような会話をすればいいのか?悩んでしまうと思いますが、まずは次の文を読んでみてください。自分に当てはまるなぁと思うことはありますか?それをチェックしてください。

「絶対にできないことは明らかでも、野望を抱いてしまうことがある」
例えば、鳥になって空を飛んでみたい、とかね。

「みんなからは、気前が良さそうに見られるが、実際はかなり気を遣うほうである」
「静かそうに見られるが、周りの環境に溶け込んで騒いでみたいと思うことがある」
「自分の考えを素直に喋ったところ、相手に誤解されたことがある」
「自分の考えをしっかり持っていて、根拠なしに相手の言うことを信じない」
「ある程度の変化や、自由を好み、縛られたり制限されると苦痛に感じる」
「これまでの人生に悔いはない」
「くよくよしているように見えるが、実際は積極的になりたいという気持ちが強い」
「外見は、自信が満ち溢れているように見えるが、心の中は不安に感じることが多々ある」
「セックスの欲望をうまく抑えきれないことがあった」
「性格に弱点があるということを自覚している」
「自分の中にはまだ自分では気づいていない才能が眠っているかもしれないと感じる」 元 NO1
「自分に対して厳しすぎると思ったことがある」
「一度でも人から、好かれたい、認められたいという願望を持ったことがある」

いかがですか?不思議なくらい当てはまると思ったことがありませんでしたか?そうです。ほとんどの項目がほとんどの人に当てはまると思います。なぜ、当てはまるのかを説明しますね。

上記の例のように、矛盾する側面を両方提示することにより、当てはまるという感覚を抱かせているってことなんですよ。分りますか?実際に合っているかどうか、ではなくて、「合っている」と感じさせる、そういう感覚を持たせるってことなんです。

例えば、明るく、社交的そうに見えて、元気いっぱいの女性に対して、こう言ってみます。
「○○さんってさ、元気でみんなから好かれそうな性格だよね。だから平気でキツイことゆってくる人がいるんじゃない?だけど、そういうことを言われると、実はすごく精神的にショックを受けたりするでしょう??」

そうすると、女の子からは「え?なんで分かるの?!」という反応があります。その後、その子の態度がたいてい少しやわらかくなります。「分かってもらえた。」という気持ちにさせるからです。

自分が他人には言わないような面を、この人は「見てくれている。」 という気持ちが、その女性の中で芽生えるからなのです。また、とても我が強そうに見えて一人で何でも行動しているような女性に対して
「見た目は精神的に強そうに見えるけど、本当は寂しがり屋だったりしない??」
と聞けば、ほとんどの場合ヒットします。

逆に、頼りなさそうで守ってあげたくなるタイプの女の子でも、「○○ちゃんって芯が強いところもあるよね。」と言ってあげると喜ぶ場合があります。

こういうことってなぜ起こるのでしょうか?まさに魔法の会話テクニック?いいえ、魔法ではありません。それは人間心理にもとづいています。人間の心は矛盾したモノなのです。誰にでも二面性はあるのですから・・・。真逆の2つの要素を持っているということは、反対を言えばヒットする。2つの要素のどちらも言えばどちらかがヒットする。そういうことなんです。

二面性とは何でしょうか。例をあげれば、自信満々で仕事をしている人間が、ちょっとした失敗をしただけで、「俺ってダメなのかな・・」 と、すぐに自信喪失という状態に陥ったりします。

心の優しい人間が、他人の無神経さに腹が立ち、相手を悪く思ってしまい、「自分はなんて優しくない心を持っているのだろう・・・」と思ったりします。あなたも思い当たることがあるのではないでしょうか?

この人間心理の特徴を利用することによって、会話の中で矛盾する2つの両側面を相手にあてはまるように言えば、相手は納得し、あなたを信頼し始めます。相手の女性に「この人とは初対面なのに、なんでこんなに私のことが分かるの?」という驚きを与え、さらには「私をこんなに分かってくれるんだ。嬉しい♪」という、いい印象を与える。それが重要です。

具体的にどうすればいいか迷っていますね?難しいことじゃないですよ。例えば、相手の女性の性格や特徴といったことは、やり取りしたメールの内容や、写真だけからでも、なんとなく想像できると思います。

また、実際に出会って喋っている内容からや、実際に相手の女性が行う仕草から、彼女にいい印象を与えることができる言葉をチョイスできるようになれば、相手の女性からどれほどの信頼を得ることになのでしょう。言うまでもないことです。

この法則を普段の会話に応用すれば、相手からは 「この人、私のこと、ちゃんと分かってくれている♪」という信頼が得られるのです。

この方法は、占いでも使われています。例えば占いで
「たまに、自分が今就いている仕事に疑問を感じて、もっと時間に余裕のある創造的な仕事をしたいと思ったりしたことはないですか?」

このように質問されれば、ほとんどの人が「はい」と答えるはずです。よく考えてみてください。この質問って、ほとんどの人に当てはまることですよね。このような、誰にでも当てはまるはずの言葉で女の子とトークをするだけで、相手に与える印象は大きく変わってきます。

自分のことを理解してくれていると思うと、相手は自分から心を開き、たくさんの話題を喋ってくれるでしょう。自分のことも色々教えてくれるはずです。そこに信頼関係が構築されます。ここまできたら、もうゴールしたも同然なのです。

占い師だって、お客自身から自分のことを喋ってもらうようにトークを持っていくのです。ご存知でしょうか?相手が自分から自分の情報を喋ってくれるからこそ、そこからどのような言葉を並べれば、お客様に「すごい!あたっている!」という感覚を持たせられるわけです。

つまり、どういう言葉を使えば相手にそういう感覚を与えることができるのか、それをメインに考えながら喋っている、といってもいいでしょう。そうすることによって、「自分の心を読まれている」「自分を理解してくれている」といった感覚を、相手に持たせることができるからなのです。

さらに、もうひとつテクニックをご紹介しますね。人間は、見慣れたものや聞き慣れたことには、あまり反応しません。よく知っていることというのは、新鮮さがなく、驚きもありません。 ですが、新しいもの、知らないものに対しては、ものすごく反応します。

女の子との会話のなかでも、彼女が今まで言われたことのないような表現をすると、とにかく彼女にとってはインパクトになるわけです。あなたの言葉に彼女は驚き、その女の子にとってあなたはより一層印象が強くなります。印象を持ってもらえなかったら、意味がありませんからね。
例えば、今まで「かわいい」と言われ続けてきた女性が「綺麗」と言われた場合、言われ慣れてない表現をされたために、普段より強い印象を持ちます。

先ほどの例で、強い女性に「寂しがりや」と言ったり、かよわそうな女性に「強い」と言ったりするのは、単に二面性を利用しているだけではなく、強いインパクトを与えていることになります。

他に例をあげれば、ちょっと静かそうに見える女性に対して
「一見は静かそうに見えるけど、仲良くなったらはしゃいだりしそうだね」
などという言葉をかけます。そうすると、不思議なことですが、相手の方はその言葉に食いついてきます。

なぜか?そのような言葉によって、「この人は自分のことを理解してくれそう」と思います。相手は一種の錯覚に陥るのです。このような簡単なことを心がけるだけで、世界はグッと変わります。

これはメールでも実際に喋っている最中でも使えます。言葉にインパクトを与えるには、他の人とは違った表現をすることが重要になります。これらの方法を使えば、初対面でも女の子は自分から心を開いてくれます。

いったん信頼を得られれば、彼女は何でも話をしてくれるようになるでしょう。心を開くということは、全てをさらけ出していると考えてもいいですよね。この状態を利用することによって、彼女に強い印象を持たせることが可能になります。

キャバクラで働いている女性は、自分から進んで会話をすることが基本ですから、プライベートでは何を求めているかといえば、「淋しさを埋めること」「癒しの空間」 でしたよね!?

あなたが接客されている際に、できるだけ自分で話の主導権を握って話をしてください。そうすることによって、相手の女性は仕事をしているにもかかわらず、プライベートで話をしているかのような感覚に陥ります。

あなたが主導権を握ることによって、女の子は
「他のお客様と違う」
という感覚を持ちます。

この感覚を相手の女の子に持たせることができれば、もう「勝ち」です。何が一番重要なのか?自分が話の主導権を握って、相手の女の子に「接客しているのではなく、自分が接客されている」感覚を持たせることが重要となってきます。

プライベートにより近い空間を作り出すことに成功すれば、女の子からお店以外でも会って欲しいとの連絡が必ず来ます。

女の子が何を求めているのか、それは、何回も言うようですが、 「淋しさを埋めること」「癒しの空間」なのです。



このページの先頭へ