15分あればキャバ嬢は口説ける!!その方法とは?

短期間でキャバ嬢を口説くための対策を見ていきましょう。基本次項は次の通りです。
・基本はフリー
・時間が短いので世間話は控えめに
・場内指名はここぞという時に
この3点になります。

言うまでもありませんが、指名ではなくフリーで実践しましょう。1人あたり 15 分程度はいますので、その時間を使って口説きます。最初は、好みの子でなくてもひとまず練習だと思って口説きましょう。15 分一本勝負だと思って、どんどん口説きましょうね。

15 分しかないなんて・・・と思われる方もいらっしゃるかも知れません。でも 15 分って、短いようで結構ありますよ^^

そこで、時間を有効に使うため、15 分一本勝負の戦い方を覚えて下さい。 時間配分をしていくのがポイントです。15 分間を、前半・中盤・終盤の3つに分けていきましょう。

・前半5分
一番最初の5分間にすべきこと。それは・・・あなたの自己紹介をすることです。これは必須ですよね。年齢や職業なんかを大体聞かれますので、適当に答えましょう。もちろん、全て本当のことを言う必要もありません。あなたが好きな年齢・職業等を設定して、それを教えてあげましょうね。

・中盤5分
自己紹介が終わったら、次のステップです。これをやらないと始まりませんよね。相手のことを聞き出す。いざ口説こうとしている相手ですから、当然、色々聞き出さなければなりません。しかし、5分間だけですので、要点を絞って聞きたいことだけ聞きましょう。聞くべきポイントはいくつかありますが、僕達は次のことは必ず聞くようにしています。

①職業
キャバ嬢が本職の人ばかりではありません。昼間はOL、夜はキャバ嬢なんて子もいます。基本的に、昼も働いている子は忙しいです。お店が終わったらソッコー帰って寝て、翌朝は仕事・・・なんてケースですと、時間なんて全然ないですよね。

このような場合、口説く相手としては基本的に適さない子になります。あまり時間を掛けたい相手ではありませんよね。一番いいのは、学生がバイトでやっているケースです。しかも、週5とかじゃなくて、多くて週 3 とか週 2 くらい がいいですね。これであれば、基本的にヒマな時間は結構あります。

店外デートに誘う時に、「忙しいから・・・」と言われにくくするためにも、職業は必ず聞いておきましょうね。ちなみに、週 5 以上で、さらに専業でやっている子はあまりオススメできません。 キャバ嬢をバイトではなく「仕事」としてやっていますからね。客の顔がお金に見える・・・なんて言っているキャバ嬢もいますから。。。こういった相手は完全に無視しても問題ないですよ。

②休日は何をしているか
ある程度休みが取れる職業であることを確認したら、次に休日は何をしているか聞いてみましょう。もちろん、彼氏とラブラブ♪なんて正直に答えるキャバ嬢はいません。けど、当たらずとも遠からずな答えを返してくれる子は結構います。休日のことを具体的に話してくれる子の方が攻めやすいですね。
「休みはほとんどないから・・・」
「うちでゴロゴロしてるだけ・・・」
なんて感じの答えが返ってくるような子はイマイチです。明らかに休日について触れられたくない感じですよね。休日のことを聞かれるってことは、休日を狙って誘われるんじゃないか?て警戒しているとも言えます。

そんな警戒心が見え隠れするような答えをする女の子は厳しいですよね。逆に、詳細に語ってくれる子であれば付け入るスキが出てくる訳です。
休日=店外デートができる日
だと思えば、この質問は絶対にしないとダメですよね。向こうがヒマな瞬間を狙ってデートに誘い出すためにも、しっかりとこの質問をしておきましょう。

・ラスト5分
ここからはアタックです。今までの情報を元にデートに誘ってみましょう。ポイントとしては、
・指名はしない
・飲み物も飲ませない
・だけどデートに誘う
ってことです。

女の子によっては、
コイツ、ふざけんなよ・・・
って態度を出す子もいますけど、それは無視。どうせ、数分もしたらその子は去っていきますからね。気にしちゃダメです。ここからがラストスパートですから、果敢にアタックしましょう。

アタックの際に、今まで仕入れた情報を使って行きます。時間が結構取れそうな子であれば、ストレートに誘うのもいいでしょう。時間の取れなさそうな子であれば、いつがヒマかを聞けばOK

もうちょっと仲良くなったらね♪
などと言って、暗に指名しろって子もいますが、そういった子は無視しましょう。営業する気マンマンって感じですから、よろしくないですよね。短期間で勝負する場合は、こういった誘惑が結構あります。でも、かまっていたら身が持ちませんよね。

なお、この場でアポイントが取れるのは稀です。仮に取れたとしても、あとでドタキャン・・・なんてこともよくあります。ですので、この場でアポイントが取れなかったとしても気にする必要はありません。ただし、相手の反応を見ておくことは重要です。あからさまに嫌な態度を取られたらもういいですよね。

多少なりとも良さげな反応を得られたら次のステップです。次にやることは、連絡先の交換です。向こうから聞いてくることもありますが、聞かれないこともあるので、聞かれなかったらこちらから積極的に連絡先を聞きましょう。また、キャバ嬢は名刺を渡してきます。そして、そこには携帯番号とメアドが書かれていることが多いです。

なので、連絡先聞けた♪なんてぬか喜びをするのはやめましょうね。これは、「当然」できることなんですから。そして、こちらの連絡先を教えるねってことで、その場で名刺に書かれた連絡先に連絡しましょう。メアドは長いから無理かも知れませんが、電話の方は掛けられますよね。メールも後でしておくね~って感じで言っておけばOKです。

これで、連絡先の交換はおしまい。次の子に備えましょう。



このページの先頭へ